不妊治療とは

オフィスの窓でがっかりしている男性

男性不妊とは、不妊症のうち主たる原因が男性側に認められるものです。
その罹患率は女性と比べて極端に低いとは言えず、不妊症は女性だけの問題ではないと認識されつつあります。
妊娠が成立するためには、女性側の受精機能がある卵子が排出され、受精卵が着床し、胎児を育成することができること、男性側は受精機能のある正常な精子が製造でき、その精子を排精することができること、男女共に精子卵子が正常に受精し、互いの免疫機能や酵素の適合性があることで妊娠を成立させることができます。
これらが正常に行われないと、不妊の原因となります。
また、生活習慣やホルモンバランスの乱れ、虫垂炎や腹膜炎などの疾患が不妊の二次的な原因になっていることもあります。
不妊は女性だけの問題ではなく、男性の問題でもあります。不妊治療を行う場合には、男女共に必要な検査や問診があるため二人で受診することが望ましく、夫婦二人で話し合うことがもっとも重要です。

サイト内検索
人気記事一覧