男性不妊とは

スプーンの上にのった黄色いカプセル

男性の場合おたふく風邪や高熱が続くことで、造成機能に異常が現れる可能性もあります。
男性不妊には、症状の原因が明らかなものと明らかでないものに分けられおり、また造精機能障害や精子輸送障害、精子妊孕性障害、性機能障害に分けられることもできます。
性機能障害は、陰茎が十分に勃起せず性交ができない勃起不全、極端に陰茎の発達が遅れている短小陰茎、射精時に精液が尿道から排出せず、尿管を逆流する逆行性射精、生まれつき陰茎を持たない陰茎欠如などがあります。
造精機能障害は、精子を造る能力自体が低いかない場合で、原因不明なものも多くあります。
精子の濃度が極端に低い乏精子症、精神運動率が50%未満、高速に直進する精子の率が25%未満の精子無力症、射精した精液の白血球が1mlの中に10万異常見つかる精液の異常である濃性液症などの症状です。
精子形成異常には、睾丸などの部分に問題あることももあり、生まれたときから睾丸が体内に残ってしまう停留睾丸は乳幼児か幼児の時に治療することができます。
睾丸が通常よりも極端に小さい睾丸萎縮の場合、精巣の機能が正常であるかを調べる必要があります。
また、血管部分に問題があったり、精子が奇形になっている奇形精子症などの病気があることを理解しなくてはいけないのです。
男性の不妊治療とは、問診を行い、病歴や既往病について調べます。
外見でホルモンや染色体の異常が分かることもあり、精巣の大きさなどや瘍や疾患がないかをしらべます。
また、精液を調べることで、精子の問題点や精巣や精管などの男性生殖器に問題ないかを調べ、不妊の原因を考えるのです。
そして、異常が見つかった場合には、問題に合わせて治療を行うことで不妊治療を行っていきます。

サイト内検索
人気記事一覧
最近の投稿
アーカイブ